ノーローン

クレジットカードにお世話になった学生時代

学生の頃は親の反対を押し切って東京の大学に通っていたので、学費以外の必要な費用は全て自分でパートをして稼いでいました。家賃はもちろん、諸々の生活費をアルバイト代で賄わなければならないので大変でした。

 

親の反対を押し切ってまで東京の大学に進学したので、

 

 

パートで生活費を稼がなくてはならなくても大学の勉強はおろそかにはできなかったからです。


時給の高いパートを選んだり、まかない付きのアルバイトをして少しでも生活が楽になるようにしていました。ですが、それだけでは限界があります。当然、家賃や光熱費を支払ったら生活費がなくなってしまうということもよくありました。

 

そんな時はクレジットカードでキャッシングして、何とか乗り切っていました。当初は学生なのにお金を借りることに抵抗があったのも事実ですが、そんなことは言っていられないほど生活費に困窮していたのです。

 

クレジットカードがなければ、次の段階であるカードローンに頼っていたと思います。この就職難で私みたいな学生がたくさんいます。

 

一見奨学金で平穏な学生生活を送っているように見えても、就職できずに就職浪人しても返済は始まります。それだけでも大変なのに、田舎から出てきて一人暮らししてたとすれば奨学金だけでは生活できずにパートで借入している女子学生もいます。

 

このように学生時代の借金もあったりすればもう破産です。