ノーローン

ノーローンとの取引方法について

ノーローンでは、融資や返済といった取引を行うにあたり専用のATMを利用することができます。専用ATMは、主に同じ新生銀行系列であるレイクの自動契約コーナーなどに設置されており、このATMではノーローンの専用ローンカードを利用することでお金の借入を受けたり返済を行ったりすることができます。

 

 

専用ATMについては朝8:30から夜22:30までが営業時間


となっており夜22時以降といった遅い時間帯まで営業をしていますので夜中に突然、カードローンの即日融資が必要になった場合でもお金を借りることができます。

ノーローンの返済について

もちろん返済についても同様の時間帯で行うことができますので、臨時収入が入った時などすぐに入金することが可能です。この専用ATMを利用するメリットとしては、手数料が無料で利用できるという点に加えて、ノーローンの取引に特化した存在であるという点にあります。

 

そのため、ATMの利用後には取引実績に応じた明細も出力されてきます。この明細には借入や返済といった取引後の借入残高などが記載されていますので、たとえば返済後にはいくら残高が減ったかなどをすぐに確認することができます。

ノーローンは新生銀行のグループ

もちろんノーローンの取引は専用ATMだけではありません。ノーローンは新生銀行の系列業者なので、新生銀行のATMを利用して返済などの取引を行うこともできます。もちろんその場合も取引ごとに手数料が発生することはありませんので、安心して利用することができます。

 

なお、新生銀行以外の銀行やコンビニに設置されているATMもノーローンへの返済や借入といった取引に利用することができます。特にコンビニの場合は24時間稼働していますので、時間を気にすることなくノーローンとの取引ができるというメリットがあります。

 

ただし、コンビニや新生銀行以外のATMを利用してノーローンとの取引を行う場合は取引金額に応じた手数料が発生するケースがあります。そのため、手数料を抑えたいと言うことであれば新生銀行やノーローンの専用ATMを使うことがおすすめです。

ノーローンの在籍確認は避けることができない!

 

ノーローンから会社に電話をかけてもらったら困るんだよ!


と言う方は決して少なくありません。しかしノーローンの在籍確認は避けることができないのです。

 

 

でもプロミスなら在籍確認の電話を別の方法で回避する相談ができますよ!


プロミスとノーローンのスペック比較
- 金利 限度額 無利息期間
プロミス 実質年率年4.5%〜17.8% 最高500万円 30日
ノーローン 実質年率年4.9%〜18.0% 最高300万円 一週間

在籍確認の電話も避けれてスペックも上なら間違いなくプロミスでしょう。消費者金融の在籍確認の電話を別の方法で回避する相談ができるのは唯一プロミスです。

パートやアルバイトでもノーローンで在籍確認は必須ですか

ノーローンでは審査にあたり在籍確認が必須となっています。この在籍確認は、ノーローンでお金を借りるにあたり最も不安に感じる部分ではないでしょうか。確かにノーローンでは融資を行うための条件として「安定した収入」があることを挙げている以上は、

 

 

安定した収入を得るための方法として勤務先への在籍確認が必須となるのは当然といえば当然のことかもしれません。


ただ、ここで気になるのは「どんな人でも在籍確認が必要なのか」という点です。たとえば会社員や公務員などの場合は、外部から電話連絡が入ること自体はそれほど珍しいことではありません。

 

また、ノーローンなどの消費者金融業者としても信用度を確認するために必要な審査項目のひとつであるともいえます。ではアルバイトやパートで働いている人はどうでしょうか。ノーローンでは、こうしたアルバイトやパートで収入を得ている人であっても、

 

 

その収入が「毎月一定のもの」であれば融資を受けることが可能です。


そのかわり、審査においてはパートやアルバイトの人であっても在籍確認が行われます。理由としては、その収入の安定性を確認するというものが考えられるのですが、もうひとつはノーローンにとっては収入を得る方法はそれほど重要ではないという理由もあります。

 

その人の収入を得る方法が何であっても、とにかく毎月一定の収入があればノーローンではそちらを重視します。そもそも総量規制の関係から年収によって融資ができる金額が決められていますので、収入を得る方法や金額についてはノーローンでは重視しておらず、むしろ

 

 

融資を行った後の返済が問題なく行えるかどうかがポイントとなっています。


こうした理由から、パートやアルバイトで収入を得ている人であってもノーローンの審査においては在籍確認が必ず行われます。もちろん時間的には数秒〜数分のことであり、ノーローンの担当者も個人名で連絡をしてくれますので、お金を借りることが知られる可能性はほとんどありません。

 

在籍確認を避けることはできないので、あまり悩まずに申し込んでみると良いでしょう。但し、銀行のカードローンである専業主婦であっても「配偶者貸付」に申込めば審査を受ける事が可能です。

 

参照:低金利事業ローン一覧

2017/01/27 00:29:27 |
我が家の実家は商売をしています。田舎のお店なので経営は今一つです。特にどんどん過疎化していく町、そんな中での商売は本当に大変だと思います。なので何度かお金を貸した事がありますが、もちろん主人には内緒で貸しています。私も働いているのでまるっきり主人のお金じゃないよねと自分に言い聞かせながら。しかし主人には申し訳ないなと思っています。家のお金の管理はすべて私がやっているので、主人はいくら我が家に貯金があるのか全く分かっていません。なので貸すにしても何するにしてもすべて私が独断でできてしまうので、その辺はとても簡単にできてしまうのでありがたいところです。即日融資は専業主婦でも利用可能なのか?しかし我が家もそれほど裕福ではありませんので、実家の援助も大変なのは正直なところですが、実家が困っているのも見過ごせないのでとてもつらいところです。ですが専業主婦のカードローンを利用している友人の話などを聞くと苦しいながらも貸せる立場なだけマシだと思っています。
2015/12/26 22:46:26 |
学生の頃は親の反対を押し切って東京の大学に通っていたので、学費以外の必要な費用は全て自分でパートをして稼いでいました。家賃はもちろん、諸々の生活費をアルバイト代で賄わなければならないので大変でした。親の反対を押し切ってまで東京の大学に進学したので、パートで生活費を稼がなくてはならなくても大学の勉強はおろそかにはできなかったからです。時給の高いパートを選んだり、まかない付きのアルバイトをして少しでも生活が楽になるようにしていました。ですが、それだけでは限界があります。当然、家賃や光熱費を支払ったら生活費がなくなってしまうということもよくありました。そんな時はクレジットカードでキャッシングして、何とか乗り切っていました。当初は学生なのにお金を借りることに抵抗があったのも事実ですが、そんなことは言っていられないほど生活費に困窮していたのです。クレジットカードがなければ、次の段階であるカードローンに頼っていたと思います。この就職難で私みたいな学生がたくさんいます。一見奨学金で平穏な学生生活を送っているように見えても、就職できずに就職浪人しても返済は始まります。それだけでも大変なのに、田舎から出...
2015/10/07 21:10:07 |
勤続年数が長いことで信用を得れる若い頃など、お仕事先に嫌な人などいることで仕事が出来にくい等と、仕事を変わったものです。現在勤めている所は、勤族年数がまだ3年半程となります。短い年数ではありますが、この先も勤めていく気持ちでおります。仕事内容も女性の私に似合った軽作業なのです。調理やミシン掛けなど様々な種類の作業となります。ふだん家にいても行う用事と変わりがないため、続けやすい勤務となります。この先も勤めようと、私なりの計画を立てていることには、生活をするためのお金が必要なことや健康の為の理由が大きなウエイトとなります。この先も勤めましたら、70歳ほどになります。それまで勤めることで、勤続年数13年となるのですが勤務が続く事で私が一番長く続いた仕事となるのです。年齢がいくことで仕事先を辞めることは他の仕事など見つかりにくくります。現在3年半程の勤続年数ができたことも、仕事先には自分とは考えが大きく変わる上司などいることを、冷静に見つめることが出来始めたということがあります。毎日の稼ぎは多くはないのですが、今の年齢である60歳でお金の大切さがしみじみと解りました。若い頃はsmbcコンシュ...
2014/10/08 18:00:08 |
即日キャッシングの審査で重視している点は実際のところ審査を行なっているキャッシング側でしかわからないというのが現実です。対策等はないわけではないですが、借入件数は少ないにこした事がないのがキャッシングの審査のポイントというよりも審査のハードルを下げる方法だと思います。この件数がないというのは借入れる人にとっては簡単なようで難しい事なのです。全く借入の無い人にとって当たり前に借入はないのですが一度借入の経験のある人は複数所有している事が多いからです。そして、事実を隠蔽するような申告をしていて審査の対象にもなりません。ですから、正直に事実のみを申告するというのが重要で一番重視しているポイントである事に間違いありません。収入は勿論の事、勤務先の就業年数も重視しているのは当然の事なのです。